神奈川県,湘南,藤沢,辻堂,気功教室,カンフーエクササイズ,太極拳,気功,エクササイズ,湘南地域,葉山,江ノ島


ACOH-S通信

ACOH-S通信は、気功教室でお伝えできなかったこと… 
陳老師からお聞きした実話や気功に関する説明、わたくし(講師:秋葉明子)と気功教室の生徒さんが気功を通して体験したことをご紹介しています

◆ACOH-S通信 No.9 (16,1.9)

皆様それぞれ良い新年を迎えられたことと思います。

2015年を振り返れば、八月以降新しい生徒さんが増えてにぎやかになってきました。
ここでもう一度カンフー(内気功)について、改めて解説しておきます。
カンフー(中国語で功夫)と書くように、もともとこのカンフーという意味は時間の意味。または十分に熟練した何かの分野での達人という意味でも使います。たまたまブルース・リーが主演した映画で中国武術をカンフーと表現したところからカンフーは世界的に有名になり、中国武術としてカンフーという言葉が根付きました。(陳老師による)
私の教室ACOH-S(アコーズ)カンフーワールドでは、曹樹偉老師の太極拳、陳佐陳老師の柔田門気功を通じて、カンフーの真髄である内気を追求しています。内気とは内側の力であり、腕力に頼るものではありません。この内側の力、つまり内気を鍛えることにより、身体と心の両面を強くすることが最大の目標です。

ベスト・キッズという映画で、ジャッキーチェーン演じるカンフーの師が言ってます。「人生のすべてがカンフーだ!服を着る時もかける時も、人と接する時も、すべてがカンフーなんだ!」と。

陳老師も常々おっしゃっていることは、「カンフーを学ぶものは、特別な人。学べば学ぶほどに気質が変わり、品格が上がる。それは一生カンフー(内気功)を通して学び続けられる人だけに備わるものだ。」と、つまりカンフーとは学問であるということなのです。学ぶにつれ多くの気づきが起こり、またあらゆる道理は同じであると気づかされます。
身体の弾力性の変化はもちろんですが、心に弾力性が備わるということは、内気が充実しているということです。陳老師曰く、気が充実していないと、悪い霊がつきやすい。
それは霊だけでなく、運という言葉に入れ替えても同じでしょう。
今年は内気の充実を目標に、皆さん練習に励んでください!


外練筋骨皮。内練一口気。練拳不練功到頭一場空!
外側の練習は、筋、腱、骨、筋肉を含めた皮膚、内側は呼吸法をともなった気の練習。
もし打つことだけを練習し、内気を練習しなければ、最後には何も得られない!という意味です。
今年の終りに皆さんの各自の良い変化と進歩が感じられますように。

◆ACOH-S通信 NO.7(15,11.21)

今回は教室のレッスン中はなかなかゆっくり時間が取れず、皆さんにお伝えしたい興味深いお話を書きたいと思います。

現在台湾柔田門の陳老師は台湾人の個人レッスンをお受けしていない状況なのですが、最近台湾の国父と言われている有名なりんさんという方(陳老師とは友人関係)から、ある人を救ってあげて欲しいと頼まれました。その人はやはり台湾で有名な某大企業の会長だった方ですが、肝臓を大陸で移植し、その後の経過は良かったのですが、公園で鳥のフンの粉が身体に入ったせいで、食事も取れずどんどん衰弱し、歩けないほどの状況でした。有名な台湾大学病院でも治せないといわれて、りんさんが陳老師を紹介したのです。運転手つきの送迎で陳老師はその方の自宅まで一週間に一回通い.柔田門気功の基本動功(筋骨皮)と一つの特別な功法を指導されました。
そして、その人は毎日二時間きっちりと真面目に練功され、二か月経った今奇跡的に回復し、先週温泉でその紹介者のりんさん夫妻と陳老師夫妻みんなで顔を合わせたそうです。すると りんさんが自分よりもずっと元気になったその人を見て「信じられない!」と驚きうらやましそうにただその人を凝視したということです。その回復ぶりは、温泉にも入り、おいしいものを誰よりも多く食べ、歩くのも誰よりも早くなったそうです。(たったの二か月です!)

陳老師曰く、
私が治したのではない。本人が毎日欠かさず真面目に練功したおかげだ。
彼が真面目に注意深く練習したために督脈と任脈がつながったのだろうとおっしゃていました。
ただやはり柔田門気功のすごさに陳老師自らも驚いたとおっしゃっています。

督脈と任脈とは身体の前と後ろを走る経絡の本線のようなものでこの気の流れが人間にとっては一番重要なのです。そこがつながったことにより奇跡が起こったのでしょう。ここで皆さんにお伝えしたかったことは、毎日10分いや5分でもよいから、最初の筋骨皮の動功のどれかを続けてほしいのです。もちろん一週間に一回の教室の練習だけでも効果はあります。でも、毎日続けることを習慣にできたとき、気質が変わっていくのだそうです。(実際私の身体も変わりました!)身体のメンテナンスを人任せ(マッサージや薬)に頼るのではなく、自分でメンテしてあげてください。

今年は忘年会の時期には台湾行などがあり、来年の1月9日に新年会を予定しています。土曜日のレッスンの後ですが、まだ場所は未定です。皆さん空けておいてくださいね。そこで重要なお知らせ(情報)をお伝えします。

◆ACOH-S通信 No.6

今年4月より入会された渡辺彬子さんが予定を早めて11月1日に世界に旅立つそうです。
急きょ10月31日に壮行会を予定していましたが、やはり時間が取れないそうです。最終日31日も早退されるということで、教室でお別れということになりました。まだまだ若くて可能性に満ちた彬子さんの前途を皆さんで見送りましょう!大きく成長してまた元気な笑顔でこの教室に戻ってきていただきたいですね。

陳老師直接指導と台湾教室への参加日程
現地では太極散打手の套路を学びます。太極拳を二人で組んでする套路のことで初心者も覚えられる上、日本にはまだ上陸していない貴重なものです。

・日程12月18日金曜日老師宅 午後15時~17時
・夜18時半より陳老師と会食
・19日土曜日 現地教室に参加9時~11時
・希望者は 老師宅で15時~17時
*台湾の現地教室は必須参加ですが、金曜の夜到着の方は土曜だけの参加が可能です。

台湾現地学費 ---------- 二日間ともに参加の場合4000元
(現地通貨で集金) ----- 土曜現地練習午後練は2000元

今回は各自でチケットとホテルを取っていただいて現地待ち合わせもOKとします。もしくはチケットとホテルを手配希望の方は秋葉まで。Dandy Hotel大安森林公園店おススメ。

◆ACOH-S通信 No.5

八月より安井弘子さんが武功班に入会されました。
新たな仲間が増えて教室の場の「氣」がますます和やかに、また強くなったようです。嬉しいことですね。
皆さんはそれぞれの分野で活躍されていらっしゃいますが、今回入会された安井さんはハープ奏者として海外を含め活動されています。ちょうど来週木曜日27日10時半より辻堂駅北口の和田湘南斎場にて演奏されるそうです。
じかに生演奏を聴ける貴重な機会ですので、お時間ある方はぜひ優雅なハープの調べに身をゆだねてみましょう!
歓迎会会場は近藤さんのお宅をお借りすることになりました。近藤さん宅になるべくふたんがかからないよう、皆さんのご協力をお願いします。

歓迎会日時
9月12日12時50分~
・場所:近藤さん宅
・会費:2000円(お弁当代と飲み物含)
・9月4日(金)~6日(日)台北研修旅行 

◆ACOH-S通信 No.4

春の訪れとともに、教室に新しい仲間が増えました。
7月11日に歓迎親睦会を予定しています。皆さんこの日の午後は空けておいてくださいね。

「功力は累積である。」陳老師より。

功力とは、鍛錬した気のことで、丹田にて養うものです。その功力を毎日練習で積み重ねて貯めていくことにより、健康にもなり、またその功力を発揮できるようになります。
語学も毎日積み重ねていくことで、ある日突然扉が開くように、功力もある日突然に飛躍的に自分の進歩を感じるときが来ます。そのためにはやはり積み重ねの練習は必須です。

6月以降のスケジュールについて。
・6月27日 秋葉の台北研修のため自主練習
・6月29日 月曜は第五週でお休み
・7月11日 土曜12時45分より歓迎親睦会
・8月15日〜17日 お盆休み
・9月4日(金)~6日(日)台北研修旅行 

お問合せ


ACOH-S Kungfu World

アコーズカンフーワールドは、アジア五カ国に住みあらゆる武術と内気功を学んだ秋葉明子が、主宰する気功教室です。指導歴17年、台湾柔田門気功、楊式(八十八)太極拳、武当剣、カンフー扇子、武術内気功(養生気功も含む)護身気功等を、ご希望に応じて丁寧に指導いたします。


・体験レッスンのお申込・お問合せは、メールまたはフォームよりアコ―ズ カンフーワールド
 までご連絡ください。

・個人指導も行っていますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

・アコーズでは個人指導、車椅子の方や、ご事情により家を出られない方の為に、条件等が
 合えば、こちらから出張しての指導も受け付けております。また興味のある方がグループ
 で呼んでくださる場合もこちらから出張は可能ですのでお気軽にご相談ください。

・子供向けカンフーの指導も可能です。(子どもの護身気功)

・またボランティアでも可能であれば出張しますのでご相談はメールで。

ACOH-S Kungfu World Head Office

150-0001 東京都渋谷区神宮前4-11-14 カメリアコート2Fo1.jpg
メールアドレス: info@acoh-s.com
>>お問合せフォーム


KungFu.jpg

  • 当サイトはリンクフリーです。リンクは、トップページへお願いします。バナーはご自由にお使いください。