久美子さん「たくさんの体験と感動をさせていただいてきました」

ACHO-S通信

アコーズに入会してから、3年半が経ちました。振り返ってみると、ここには書ききれないほど、本当にたくさんの体験と感動をさせていただいてきました。
今でこそ、新しく入会された方にお教えしたりしていますが、入会したての頃の自分を振り返ると、本当に酷かったことをあらためて感じます。
体力も体幹の筋力もない、身体は硬い、さらに何年も体調不良が続いていたこともあり集中力もなく、入って3か月くらいの間は毎回何をやっているのかさっぱり分からない、覚えられない、毎回ゼロスタート、という状態でした。そんな自分を思い返すと、最近入会された方が、わずかな間で目覚ましく成長される姿は本当に凄いなあと思います。

こらえ性がなく飽きっぽい自分が、できないながらも夢中になってここまで続けることができ、少しずつ成長できたのも、ここでしか学べない太極拳の美しさと奥深さに惹きつけられ、お教室に行けば行った分だけ、確実に身体機能が向上することを感じたからです。でもそれ以上に、秋葉先生がそんな状態の私を受け入れてくださり、根気強くご指導を続けてくださったからこそであり、また、我が事のように真剣に付き合ってくれて親身にアドバイスをしてくれるお教室の皆さま方のおかげにほかなりません。

太極拳もカンフーも、最初は何をどうしたらさっぱり分からないところから、少し掴めてきた時は、本当にうれしいものです。それでもまた少しすると次の壁にぶち当たり、ひたすらもがき、そうこうするうちにまた少し掴めてくる―そんなことの繰り返しで、ここまでやってきました。きっとこの先もずっと尽きることなく続くのだろうなあと思います。
でもそんなプロセスの中で、先生から丁寧なご指導をいただいたり、ほかの皆さま、特に代行の京子さんと香織ちゃんと一緒に模索したりアドバイスしてもらったり、時に全然できなくてかっこ悪―い状態になってもみんなが明るく笑い飛ばしてくれたり、と経験するすべてのことが楽しく、いとおしく、かけがえのないものだと感じています。

そんなあたたかい雰囲気のお教室で心地よく過ごしているうちに、自分の体の声に耳を傾けるようになり、体との付き合い方も以前に比べると格段に上手にできるようになってきました。今ではアコーズは生活の一部であり、アコーズなくして心身を健やかに保つことなんて考えらません。先生、皆さまには本当に感謝してもしきれない思いでいっぱいです。
京子さん、香織ちゃんと一緒に代行をさせていただいていますが、お二人に比べるとはるかに未熟で至りません。引き続き少しずつでも上達していきたいですし、また、自分がたくさんつまずいてきた経験を活かして、皆さまのお役に立つことができたら、と思っています。
先生、皆さま、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

久美子さんへの感想

久美子さんは入会して一年過ぎた頃に一度感想を書いていただいています。今回は、何かアコーズのお役に立てればということで、二回目の原稿を書いてくださいました。
新しく入られた方は、この久美子さんの感想を読んで、多いに勇気付けられた事と思います。3年半で、今の久美子さんがいます!それは、週に三回来られているという時間的なことだけでは無く、私はやはり久美子さんの性格が大きく影響しているのではないかと思うのです。久美子さんはもともと聡明な方で、いろんな知識の引き出しもあり、理解力も優れていると思いますが、何より私が注目したのは、彼女の聴力です。聴力というのは、単に耳が良い!という意味ではありません。聞く力です。聴とは、耳に徳と書きますが、まさに、人の言う事はしっかり聴いて、自分の徳にする事です。中国語にこんなことわざがあり、陳老師もよく仰っていました。
內行的聽門道 外行的聽熱鬧
(同じことを言っても、聞いてる側が、それをただ雑音にするか、自分のものにするか。は、その人次第と。)

久美子さんが、今の新しく入られた方が目覚しく成長される姿に感心されていますが、私から見れば、それは、ひとえに先輩方の実力が日増しにアップしている事だと断言できます。それは、台湾から帰国してこの9年間の私の嬉しい成果でもあります。たくさんの生徒さんが後輩を教えられるほどの実力がついてきました。頼もしい事です。

久美子さんのもうひとつの感心させられるところは、非常に礼儀正しいということです。
これは、武術を学ぶ上で大事な要素でもあります。一つだけ、注意されると良いと思ったことは、考えすぎない!という事でしょう。頭が良いがゆえの弊害もあります。起きて来る事象に対して、考えるのは大切なことですが、あまりに深く自分の中で考えすぎて疲れてしまうことがよくあると思います。そのあたりを、さらっと受け流す術も身につけられたら、もっと楽になっていくのでは?そんなおせっかいを最後に。

「大切なのは、よいか悪いかではなく、自然か不自然か?
自然を求めれば、それが健康の王道になり、
ココロが自然になると、身の回りの生活も豊かになっていく。」

タイトルとURLをコピーしました