yuriさん50代 『氣』と向き合った 1 年でした

『氣』と向き合った 1 年でした

この教室に通ってからの変化

この2月でアコーズに通い始めて 1 年が経ちます。
この 1 年は、『氣』と向き合った 1 年でした。

『氣の巡りを良くしたい』 漠然とですが、強く、そう思う自分がいました。

準備氣功、太極拳と懸命に続けていくうちに、ガチガチに強張った上半身がほぐれていきました。
自分の体と向き合う事で、歪みがわかり、課題が見つかっていきました。

先生、先輩方の親身なご指導が心に染みて、すべてが有難く、嬉しく、夢中になっていきました。
数か月経った頃でしょうか。

とても驚く事が!それは先生からのメッセージでした。

笑顔素敵です、これからもそのキュ‐トな笑顔を絶やさないで、と。

あ!?え!?私が笑顔!?先生の言葉で初めて、自分が笑顔を取り戻せていた事に気付いたのです ?

そして、謎が解けたかのように私の中で色々な事が繋がって納得していきました。

この教室に通い『いい氣』に触れていくうちに、氣の巡りがよくなり、体の強張りが解け、
心の強張りも解け、心地よく、自然と笑顔が出せる自分になれたんだと。
自然に笑顔が出せるようになると、『楽しい』にフォーカスして過ごす事が出来るようになり、
見えてくる景色が変わってきます。

日本は言霊の国。
人が口から言葉を発する、その言葉で会話をする瞬間から『氣』の交換は始まっています。
ネガティブな言葉を発すると悪い氣が発せられ、時にそれは相手の心身に影響を与えてしまう事があるのです。
先生は、「ネガティブな言葉禁止~!」と、おっしゃっていますよね。

ネガティブな思考から楽しい思考に変換して、相手に伝えられたら素敵ですよね。
先生はいつも何気ないタイミングで大切なメッセージを皆に発信してくれています。
そのどれもが心に響きます。

今、準備氣功から太極拳を行うと、形はまだまだですが氣持ちが満ち溢れ、
力が湧いてくるようになってきました。
感情の波が高くなった時に行うと、感情の波が穏やかに、そして心が満ちてきます。

始めたばかりのカンフーですが、氣功を深く学ぶ為にも、さらに練習を重ねて、
感情の波を少なくし、体と心の軸をより強くする事が私の目標です。

まだまだ未熟な私ですがどうぞよろしくお願い致します。

yuriさんへの感想

yuriさんを見るとつい、ペコちゃんを想像してしまうのは、私だけでしょうか。
yuriさんを思い出した時、そのキュートな笑顔しか浮かびません。
いつもニコニコしているイメージがあります。

入会された一年前は、腰を沈めた時に特に反り腰が目立ち、
たまたま練習風景を撮影した写真を陳老師がご覧になり、わざわざ私に指摘されたほどでした。

その反り腰も今は自然なカーブとなられ、いつも大きめのウェアで隠されたボディは、
しっかり変化しているはずです。

外側重心に立つ癖も、指摘してアドバイスしてからは、意識的に内側で立たれる様にもなり、
元々は美脚だったはずの御御足もそろそろ隠さずに見せてもらえるのでは無いかと期待しています。

出した方が、身長もあって脚も長いので、絶対カッコイイです!

yuriさんが言霊のことについて、わかりやすく書いて下さいました。
本当にその通りです。

最近発見したのですが、日本語の品は、口を三つかきますよね。

中国語も同じ意味で品位と言います。
やはり品を保つのは、一番先に口から出る言葉こそが大事だと、昔の人は知っていたのでしょう。
悪口ばかり言ってる人に、品は感じられません。

イエス様も言ってます。初めに言葉ありき。私はクリスチャンではありませんが。
言葉にも氣がある!と言うyuriさんの考えに私も大賛成です。

通信で書いてもらえるこの生徒さんからの文章で、私が毎回どれだけのエネルギーをいただいているでしょう!
yuriさん、ありがとうございました これも全て言葉のチカラです。

yuriさんとは個人的にお話しする機会が無かったのですが、台湾でゆっくりお話しできそうです。

おすすめ記事

Follow Me!