INTERVIEW

教室に通っている
生徒さんの声

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 細胞レベルで若返った感じです(笑)

薫さん
50代

細胞レベルで若返った感じです(笑)

この教室に通ってからの変化
お教室に通い始めて8 ヶ月ほど経ちましたが、先生を存じ上げたのは15 年ほど前でした。
「湘南通信」というおしゃれなタウン誌に大きく先生が紹介されていて、いつか時間ができたら...
と長い間その新聞を保存していました。当時は仕事と子育てで忙しく、習い事をする余裕がなかったのです。

ところが、ありがたいことに昨年思いがけずご縁が繋がりました。
お教室に通う前はいわゆる未病の症状( 疲れ易くて怠さが抜けず、極度の低体温、身体が重く、むくみや気分の沈みなど) で悩んでいました。「病気」「やる気」「気分」など「気」という漢字がなぜか「気」にかかるようになり、気功を習ってみたらどうかしら? とインターネットで検索したところ、スッとACHO-S のサイトが現れ、あの秋葉先生のお姿がありました。そしてすぐに体験の申し込みをしたというわけです。

ドキドキしながら伺った体験の日、開始30 分後には、「私はココに来る必要がある! 」と強く思いました。『ここには何か真理のようなものがある』と感じたからです。藁をもすがる心持ちでしたが、なぜか不調のトンネルから抜けられる予感がして嬉しい気持ちが湧いていました。

その後の効果は驚くほどテキメンでした。未病の症状はあっという間にほとんど消えてしまい、何でもありがたくワクワクと楽しくてしかたがない毎日に一転しました。気が付くとウエストや背中のお肉がスルリとなくなり、体重も5 キロ以上落ちました。身も心も軽くなり、細胞レベルですっかり若返った感じです。主人や友人たちも元気になった姿をとても喜んでくれていて、とてもありがたいです。

この変化の秘密? はいくつかあると思うのですが、一番はやはり先生の魅力溢れる在り方です。
動きや言葉や信念といった先生から発信される様々なメッセージに触れさせていただける事は、大変貴重な経験です。( 私の貧しい文章力では表現できなくて残念なのですが、きっとアコーズの誰もが同意されることと思います= 笑) せっかく教えていただいても、なかなか消化できないところがジレンマですが、挑戦する楽しみには出会えました。

2 つ目の秘密は、「場の気」による癒しです。先生の元に集まって来られる皆さんも、とても個性的で輝いている方ばかり( お世辞ヌキです! ) です。
そして、真摯な姿勢に学ぶ所がとても多いのです。なかなか習得できない私にも、ご自分の悩みのように親身に指導してくださるので、
うまく出来ない時であっても、何か心の奥底から温かさで満たされて前向きになれるので不思議です。
先生がよく「家族だと思っている」と仰って下さいますが、何かそういった繋がっている安心感が練習中に漂っていて、励ましと共にとても癒されます。
更なる3 番目は、自分の身体とゆっくりと向き合う贅沢な時間を確保できる事です。
準備気功での柔軟で身体の各パーツに心を留めたり、呼吸や姿勢を意識したりするうちに、目先のことをただ追いかけるだけだった今までの生活について、大いに反省するに至りました。

長い間、自分の身体を軽んじできたのですから、体調不良になって当然だったのだと理解できました。
変化できた秘密の最後のカギは、気功の呼吸の効果です。
心と身体をきちんと繋げてあげれば、とても幸せな気持ちになれると解りました。
元気になった自分こそ本来の自分だったという気づくことができて、本当に嬉しく、ありがたいです。最近は、未知なる人生への更なる欲? にワクワクして、第2 の青春のような状態です。

「戦う」という文字が辞書にないような私がカンフーを習っているんだなんて、自分を含めていったい誰が想像できたでしょう? ! もしかすると今までは、勝手に壁を作ってその中で小さくなってじっと座っていたのかもしれません。そう考えると、やりたい事が次々に湧いてくるので、ますます体力と気力と精神力を高めるためにも、お教室にはずっと続けて通いたいと思っています。

すっかり人生の迷子になっていた私に、きちんと生きる方向付けをして下さった先生、そして先生の先生である老師、お教室の皆さん全員に、この機会をお借りして、心から感謝申し上げたいと思います。いつまでも初心者マークが外れないままですが、これからもどうぞ末永くよろしくお願いいたします!
薫さんの感想に寄せて
1 月25 日朝の7 時には近藤さんから薫さんの原稿が届きました。読ませていただいて、朝から
トテモ幸せな気持ちになり、すぐにこの感想を書いています。たくさんの珠玉のメッセージにお
応えするには紙面が足りません。長くこの仕事を続けてきて良かった!と毎回思わせていただけ
るのですが、今回はヒトシオです。薫さんは初めて来られたとき、そのような不調を回りに感じ
させない笑顔のかたでした。そして初めての体験の時から、「太極拳されたことありますか?」と
尋ねたほど、力みが全くなくて、自然体。私も含めて、普通はみな力を抜くことが一番難しいの
に、やすやすと優雅に太極拳を見よう見真似でされるのには驚きでした。これは薫さんのもとも
との穏やかな人柄が表れているのだと思いました。
そして、二・三ヶ月もたった頃には、もう3 年くらいになりました?と言うくらいに、教室の
皆さんとなじまれ、そして周りの皆さんにその温かな波動を振りまいてくださいます。
あの伝説のオシャレなフリーペーパー「湘南通信」を長く保存していて、覚えていてくださった
ことにも感激でした。たくさんの素晴らしいメッセージの中で特に、私のお伝えしたかったこと
を、薫流なわかりやすい解説で仰って下さっています。「気功の呼吸で、ココロとカラダをきち
んとつなげてあげれば、トテモ幸せな気持ちになれる。元気になった自分こそ、本来の自分だっ
た! と気づけた。ここは最も重要なポイントです。自分の本来のソースとつながれば、本当に毎
日がワクワクして子供の頃に戻ったようになれます。そのお手伝いがどこかでできたこと、わた
しの最高の喜びです。薫さんこれからもどうぞワクワク生きてさらに輝いてください。