柔身功

「功夫」といっても非常に広義であり、
言い表すのは難しい単語です。

ACOH-Sでは、
内功夫の基礎をエクササイズのように学ぶことで
身体を芯から鍛え、美容・健康・護身などに
役立てることが出来るようになります。

中国武術の基礎の套路から、力を使わない柔田門内気功の
理論に基づいて、順次習得していきます。

教室での「功夫」として割り振られている時間は、
以下の「型」を学びます。

一つ一つの動作に、攻撃・防御の意味があり、
連続して行う事でトレーニングになります。

「功夫」には力(腕力・筋力)は必要ありません。

体の重み、気の流れ、正しい形によって、
威力を何倍にもする事ができます。

1)八歩拳
短い「型」を七回、スピーディーに繰り出していきます。

2)北派長拳
全体としては短く、覚えやすい型ですが、勢いがあり
美しい動作。出来るようになれば非常にかっこいい型です。

3)蓮歩拳
少し複雑で、単体としては長めの型。
動きが優雅で奥深く、攻撃性の高い面白い型です。

4)形意拳1.2.3
トリッキーで攻撃性が高く、一つの動作を覚えるだけで
護身に役立ちます。形意拳として学ぶ型は3種ほどあります。

どの「拳法」も意味のある動きを、
まるで踊りのように覚えてゆきます。

学ぶ拳法の種類は時期によって、
またメンバーによっても違います。