映美さん「極度の運動嫌いでしたが…」

ACHO-S通信

 ACOH-Sに入会してから、一年半程が経ちました。

入会した頃は、極度の運動嫌いで、『とにかく動きたくない』という気持ちが強く、仕事以外ではほぼゴロゴロしている生活を送っていました。

何もない所でつまづいたり、方向転換すれば身体をぶつけるのは日常茶飯事、何をするも動きがぎこちない、姿勢も悪い…等々、不器用さも相まって、思えば、『身体を動かす』という事にずっと消極的になっていました。

 

 子供の頃からの虚弱体質、体力のなさをなんとかしたい、という気持ちから、入会を決めたのですが、果たしてついていけるのだろうか?という不安が多くありました。

 初めて体験に参加した時も、見ることやること目まぐるしく、実際、立っているだけで精一杯でしたし、緊張していて何も頭に入ってきませんでした。

『自分には無理だな』とその日は思いましたが、次の日、筋肉痛でバキバキになった身体が、何故か嫌な感じではなく、不思議に思いました。

今まで、少しでも動けば筋肉痛で動けなくなり、もう嫌だ!と投げ出していたのですが、筋肉痛になっていても、何故か『嫌じゃない感じ』、『何となく気持ちいい感じ』です。不安は多くありましたが、とりあえずやってみよう、と思いました。

そして、体験の時に感じた、この『何となく気持ちいい』は現在も続いています。

 

 最近になって、顔色が良くなった、と言われることが増え、自分でも、心なしか身体が軽くなったように感じます。少しずつですが、身体が良い方向へ変化してきているのかもしれません。

『何となく気持ちいい』、から『何となく気持ちいい+楽しい』に変わり、ガチガチの緊張も少しずつほどけてきました。

身体のかたさやぎこちなさはまだまだですし、なかなか思うようには動けませんが、それでも先生、先輩達の丁寧な指導で、入会の頃よりは、動けるようになってきました。本当に感謝しております。

 自分は、太極拳や気功、カンフーに最初から興味があったわけではありませんが、今は学びたいという気持ちも湧いてきています。 

 

 練習に参加出来ないことも多く、歩みはとてもゆっくりですが、今後も続けて行きたいと思っています。

  ACOH-Sに出会えた事、先生、皆様、感謝申し上げます。

 

映美さんの感想に寄せて

 

 映美さん、お仕事でお忙しい中、原稿を書いて下さりありがとうございました。

 

私は長く教室をしていますが、今まで教室に来られて変化された人の多い中、映美さんの変化は、その中でもかなり顕著だと思っていました。それは私ばかりでなく、多くの生徒さんの声でもあります。

何が変わったか?先ずは、笑顔が増えた事です!映美さんの魅力は、キュートな笑顔であり、スレンダーな身体に、いつもシンプルで、マニッシュなファッション。いつもカッコイイです!

 

 最初の入会申込書にも、運動がかなり苦手であることを書かれていて、体験に来られた時は、正直私も、大丈夫かな?続くかしら?と、思っていました。

初めての体験の日、下半身もぶるぶる震えていて、確かにしっかりと立つ事ができないほど、まるで生まれたての子鹿のようなたたずまい。

 身体全体や表情からも、壁を感じ、この壁をぶち壊せるのは、この教室の温かい「氣」に触れる事だろう!と直感しました。初めての日にサポートをお願いしたのは京子さんだったと思います。

 ココロも身体もがちがちだった映美さんでしたが、今はしっかりと馬歩ができるまでになり、ジョークを口にされる、なかなかのツワモノとなられました。

 

 カンフーにも気功にも興味が無かった映美さんが、これからどんどんと更に変化されていくのを見るのが、また私の楽しみの一つにもなりました。

 これからも地道でよいので、続けていって、段階の扉を開けていってくださいね。カンフーの達人になった映美さんを想像すると、なかなかの絵になりますよ! 

タイトルとURLをコピーしました