「パワースポットの教室アコーズ」

ACHO-S通信
準備気功

 四月のお誕生日には、皆さんからの美しい花束をいただきありがとうございました。

いくつになっても、お誕生日はワクワクしながら、ろうそくの火を消したり、ご馳走食べたり楽しみ満載です。また生み育ててくれた両親と、この歳まで元気に生きている事自体に感謝の日です。お花は二週間経ちましたが、まだ玄関に飾っています。

 ところで皆さん、最近感動したことありますか?わたしは毎日何かしら、感動しています。

昨年からのコロナ禍で、世界全体が萎縮してしまって、ネガティブな情報ばかりが入ってくる毎日ですが、一日に一回は、感動したり、嬉しかったりした事を心にとどめましょう!

 2000年頃に、藤沢市民会館に藤岡弘氏が講演に来られ、聞きに行きました。

感動なき国は滅びる!と言う言葉が、今も強烈に残っています。

国もそうですが、人も感動が無くなって、ネガティブなことばかり考えて毎日を過ごせば、その様な人生になります。世界が、周りがどうであれ、自分のこころだけは、明るく周りを照らす灯火になれば、その周りの人もまた、その灯火をもらえます。蝋燭一本あれば、いくらでも火を分けてあげられます。

 幸い、アコーズの皆さんは、それぞれが個性的な光を持っていて、集まると、キラキラと美しい調和の光が眩しいほどです。最近わたしが感動した、キアヌリーブスのメッセージを抜粋します。かなり長いので全文を知りたい方は、わたしに言ってくださいね。彼はハリウッドの大スターですが、全く普通の一般人の感覚で生きてる稀有な人です。 以下

 『私たちは、毎日の生活に捉われすぎるあまり、人生の中の美しさに目をやることを忘れてしまっています。ゾンビのように生きているのです。上を見上げてヘッドホンを取り外してください。目が会った人に挨拶をしたり、辛そうに見える人にハグをしてあげてみるのもいいかもしれません。誰かを助けるのです。毎日を人生で最期の日であるかのように生きてください。

数年前、私はうつになっていましたが、決して他の誰にも言わなかったのでこのことは誰も知らず、うつから自分で脱出する方法を見つけなければなりませんでした。私が幸せになるのを妨げていたのは、私自身でした。いま、一日、一日が貴重ですから、毎日を貴重な日として生きましょう。

明日がある保証などないのですから、今日を生きましょう。

 

結局は、どんな悲惨な状況の中でも素晴らしい人は力強く生きることができる、ということには誰もが同感できることかと思います。あなたの人生で何が起きていようとも、あなたはそれを乗り越えることができます!人生は生きる価値のあるものです。

 あなたの人生の中で苦労したすべてのことのおかげで、今のあなたの存在があります。

苦難の時はあなたを強くするだけなので、そんな時には感謝しましょう。

毒からは完全に逃れることは出来ません。毒はあちこちにあり、あなたを見逃さないでしょう。

この世を出る時に生きたままの人はいませんから、どうかあなた自身を真剣に考えすぎた上で扱うのは止めてください。おいしい物を食べましょう。太陽の下を歩きましょう。海に飛び込みましょう。 あなたは自分の心を隠された宝物のように運んでいる、というのが真実です。

 馬鹿げたことをやりましょう。優しく生きましょう。人生にはその他のために使う時間なんてないのですから。人を愛するのは、その人から自分が何かを得ることが出来るから愛するのではなく、その人の人となりを愛します。そして何よりも大事なのは、自分が他人からされたい扱いを、自分も他人に行うよう育てられたということです。それが尊敬というものです。

 あなたの自宅がどれだけ大きくても、乗っている車がどれだけ見栄えがよくても、銀行口座の残高がどれだけ大きくても関係ありません。私たちの墓(死)は皆同じです。謙虚に生き続けましょう。

キアヌリーブス

素晴らしいメッセージですよね。学ぶべきことが、たくさん詰まってます。

 最近「量子力学的習慣術」という本を読みました。この世の法則を、物理学的に証明してくれていて、トテモわかりやすいです。その本によると、密度の高い(濃い)空間は、フォトン(波と粒)が多く、振動数が高い空間です。振動数が最も高い意識とは、「愛と感謝」だそうです。神社などに行くとココロが洗われたように感じるのも、同じ原理です。

アコーズの教室も、神社と同じくらいのパワースポットだと私は思います。

 五月の連休は、1日土曜日と3日月曜日はお休みにさせていただきますが、5日水曜日は練習ありますので、他の曜日で来られない方も、祝日なので是非準備気功だけでも参加して下さい。            

                                                                                                           秋葉明子・湘之奇

タイトルとURLをコピーしました