みどりさん60代  この教室に通ってからの変化

みどりさん60代  この教室に通ってからの変化

この教室に通ってからの変化

怒涛の半年間!
<体験申し込みしちゃった!>

子どもが巣立ち、両親がホームに入り、人生一区切り、実家の断捨離をするうちに、
いろいろ考えさせられ、先の事なんてわからない、今をどう生きるか、最後に大事なのは、
物でもお金でもない、健康だと思いました。

そして、節目の年に、今まで全く経験のない、知らないものを始めようと思い、
1年ぐらい探していろいろ体験したりするうちに、こちらに行きあたりました。

昨年9月、体験の日。
まずは怪しくないか・・

これまでの仕事柄、気功系、散々首を突っ込んできました。

これこそ神の手の持ち主、一生この先生に着いていこう!と思ったら、
行き着いた先は宗教団体だったり、石や水晶、はたまた魔除けのペンダント、
毒だしの水、あなたのすべてが見えると言う大先生
などなど・・

だいたいの出会いを経験し、お金もお支払いして
きましたので、いい歳して、またまたそんなものに
入り込 んだら洒落にならないと、ドキドキだったの
でした。

そして、その日は来た!ソロソロとドアを開けると・・
あれ!?確か太極拳だったよね・・
なんで剣を振り回してるんだろう?

でも、出口は確かめたし、トイレ行くと言って、
外へ出れば逃げられるなと思っていたら、
その中で傘を振り回している人が近づいて来た!

どうやらこの方が先生らしいのは、オーラでわかり
すぎるほどわかる。刀を買えと言われるのかしら?? ・・

とまあ、頭の中は怪訝な疑惑で満載ながら、
準備体操のようなものが始まり参加させていただきました。

疑惑はともかく、これがかなりキツく、体勢が取れないものもあり、
終わった頃には関節がギシギシな感じに。

これだけでも、正しくできるようになったら体にすごくいいから、続けようと思い、
吸い込まれるように入会したのでした。

<台湾行くって!?>
そして、準備気功と、わからないながらも太極拳1を
ノロノロとやって1か月過ぎた頃、京子さんが、
ふつーの顔をして、台湾どうですか?と。

へ!?入ったばかりですが、行っていいんすか?
おおお、外国しば らく行ってない、
台湾おいしそう、おもしろそう、んじゃ行きます!
なんて言ってしまった!

そこから、テスト前の学生のような気分になり、
とにかくまず覚えないと始まらない、着いても
いけない、あー、行くなんて言っちゃって・・
でもやっぱりやめるとは言いたくないし・・
とにかくやるしかないか・ ・

という台湾一色な日々となりました。
結局、台湾には行けなくなり、とても残念でしたが、
この必死な時間は、楽しくもあり、どんどんハマって
いきました。

<剣も始めた~そして、これからも!>

剣も始めちゃいました!

子どもの頃 、よく弟と
チャンバラごっこをしたのを思い出し、ちょっと
ウキウキ(^^♪全然違うし、全く様にならないけれど、
これもまた楽しいのです。

半年前に、今の状況は全く想像も
しなかった・・
本当に人生どうなるかなんて、わからないとつくづく
思います。

新しい事を始めると、そこに新しい出会いがあります。
年齢に関係なく、武術を通して、いろいろなお話しが
できるのも、素晴らしい事です。

今は、ひとつひとつを、ゆっくり教えていただけて
いて、更におもしろくて、できないながらに発見も
多く、日々、貴重な時を過ごせることに、感謝をして
います。

これからも、体の変化、心の変化を楽しみながら、
正彦さんの年齢まで、続けることが目標です。
先生、みなさん、これからもどうぞよろしくお願い
致します。

みどりさんの感想に寄せて

みどりさんの感想を読ませていただいて、あまりに
面白くて、このまま教室での日々を本にして欲しいと
思ったくらいでした。

そうでした!
みどりさんはまだ入会されて半年だったのです。

もうすでに三年はいらっしゃるという貫禄と存在感。

それはひとえに、週三回の練習をフルで休み無く
来られているからでしょう。この半年で休まれたのは、
多分一回か、、二回?しかも遅刻なし。
素晴らしい生徒さんです。

これは、私が香港で太極拳を学んでいた時と同じペース
であり、真剣さです。ですから当然進歩早いです。
持ち前のスポーツウーマンである運動神経のよさに
加え、負けず嫌いと来たら、上達しない方がおかしい
でしょう。

しかも私が 1995 年から学び始めた太極拳、台湾で
学んだ気功の 25 年間を、この半年でエッセンスを
吸収しまくっています。ちょっと悔しいくらいです。

それにしても、入会されるまでの一年間のエピソード
といい、私との初対面の日に、私が剣の変わりに傘を
振り回していたというくだり、笑っちゃいました。

あの日、生徒さんが剣を持ってくるのを忘れた人が
いて、私のを貸してあげてたので、たまたまそこに
あった傘で代用していた日でした!

そんなに気功で怪しい思いをされたとは!
一歩間違えたら、みどりさんはどこかの宗教の幹部に
なっていらしたかもしれませんね。笑

このチャイナ肺炎のせいで、あれだけ緻密に
スケジュールを整え、また練習も備えてきたのに
台湾にいけなくなり、本当に皆さん悔しかったと
思います。

でも、そのお陰で進歩できたのもまた事実です。
次回までの楽しみに、きっと更に良い研修旅行と
なるはずです。

みどりさんの変化は、私から見たら、
まずその顔色です。顔色が一皮向けたかのように
良くなって、表情も最初の疑い?のまなざしが
楽しいまなざしとなって、いつもキラキラして
います。

正彦さんとはご近所ということで、いつも何かと
お世話になっています。

これからも、その出席率をキープして、皆さんを
引っ張っていってくださいね。